家紋刺繍額・インテリア商品を販売しております。

正絹ちりめん袱紗

家紋 帛紗 ふくさ  袱紗 風呂敷

【手ふくさとは】

裏地の付いていない45cm〜57cm程度の大きさの風呂敷を「手袱紗」(てふくさ)といいます。
また、裏地付きのものを"袷ふくさ"と呼びます。

こちらは裏地が付いてない分手触りも柔らかく単独で使用することが多いですが、
切手盆などの黒塗の盆とともに使用していただけます。
サイズ的にあまり大きくないため、菓子折りなどの進物品を包む用途には向いていません。

日常生活の中で、どんなシーンにふくさ小風呂敷を使うか考えてみると、
「ちょっとした御祝金を持参する」「お葬式に香典を包む」・・など
ふくさや小風呂敷の出番って意外と多いんです。
裸で渡すのも失礼だし・・ってこんな時こそ手袱紗(てふくさ)の出番です。
お嫁入り道具としても最適ですね。

使った後は、小さく畳めてかさばらず便利。手軽に使える点が魅力です。
ちょっとした心配りや気遣いから生まれた習慣。日本人の美意識を大切にしたいですね。

【手ふくさの包み方】(家紋入りの場合)

慶事と弔事では包み方を逆にするのが正しい使い方です。

お祝い金を持参する場合の包み方

家紋 帛紗 ふくさ  袱紗 風呂敷

,△蕕じめ祝儀袋を袱紗中央よりやや左の方へ寄せておく
∈犬鮹罎棒泙蟾む
上をたたみ、次に下をたたむ
けΔ鮴泙衫△慇泙衒屬靴憧粟。(左の上下に小さく三角形ができる)



お悔やみ金を持参する場合の包み方

家紋 帛紗 ふくさ  袱紗 風呂敷

,△蕕じめ不祝儀袋を袱紗中央よりやや右の方へ寄せておく
右を中に折り込む
2爾鬚燭燭漾⊆,望紊鬚燭燭
ず犬鮴泙衫△慇泙衒屬靴憧粟。(右の上下に小さく三角形ができる)


風呂敷とは】

室町時代の風呂は蒸し風呂のようなものであったため「むしろ」「すのこ」「布」などが床に敷かれていた。これが風呂敷の起源であるとの説があります。
平安時代になると「平裏」(ひらつつみ)と呼ぱれるようになり、一般庶民が衣類を平裏に包んで頭上運搬している絵姿も残っています。

江戸時代になると、入浴の際着物を包み、入浴後広げて敷いてその上で着衣したことから『風呂敷』と呼ばれるようになりました。
元禄頃に「包み]と「風呂敷」の融合がなされ、平裏も包む道具としての風呂敷と呼ぼれるようになりました。

時代は移り変わり、人々の風習は少しずつ変化し、 明治時代にちりめんの風呂敷が流行し、 おしゃれな女性の持ち物になったそうです。

大きなものを包んで運べて、使った後は畳めてかさばらず便利。
手軽に使える点が魅力です。
ちょっとした心配りや気遣いから生まれた日本人の美意識を大切にしたいですね。


風呂敷の包み方】(家紋入りの場合)


家紋 風呂敷 正絹 袱紗 ふくさ

家紋入風呂敷の場合
1.家紋入り風呂敷で包むときは、包み上がったときに家紋が中央になるように中包みを置きます。
2.家紋を向こうに、手前側を折ります。
3.左側を折り重ねます。
4.右側を折り重ねます。
5.向こう側を最後に折り重ね、家紋が中央になるよう形良くしあげます。


卒業 就職 結婚 御祝い

家紋 袱紗 風呂敷 ちりめん

生地の違いとは? 並 重目

丹後ちりめん 正絹 紋伏せ
11商品 1-11表示
11商品 1-11表示

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。